Blog

ブログ

Instagramシリーズ -Alphabet Animation-3

Alphabet animationもMまで出来上がり、折り返し地点となりました。
私こと木村はD、G、J、Mを作りました。とにかく自分にある引き出しをひっくり返しながら作ってます。
今回は個人的に一番お気に入りの「G」についてメイキング的なものを書こうかと思います。


・案出し
Gの担当になった私はいくつかある単語の中からGiraffeを選び、思いついた案が「網目模様の中にGがある」というものでした。
Alphabet animation の企画の性質上、Instagramのサムネイルでしっかりアルファベットが見える瞬間を作らなければなりません。
「網目模様の中にGがある」だとGを見せてからT.B→キリンと言う展開と、キリンにT.U→Gの展開が真っ先に浮かんだのですが、流石にそれでは魅せ方に捻りがないなと悩みました。(ちなみにこれはGに限らず、どのアルファベットでも悩みがちな部分です。)
T.B、T.Uに頼らず、Gを活かしてキリンをどう描くか考え抜いた結果「Gがキリンになる」という案に落ち着きました。
Gの文字が自由な形でキリンにメタモルフォーゼするというのでは正直どのアルファベットと単語でも成立してしまう構成だと思い、ここで裏テーマとしてGeometricを取り入れ「Gが幾何学的な形のキリンになる」を最終案としました。裏テーマのGeometricは単語候補の1つのだったのと、キリンの網目模様には幾何学的な理由があるのかしらと思ったからです。

・デザイン
方向性が決まったので、まずはGの形を多角形にすることを決定。次にキリンをどう幾何学的な形に落とし込むかを検討。座り姿だとシルエット的に三角形に出来そうだと思い、三角形へ変化するには六角形が都合が良いのでGを六角形にしました。
そのあとは六角形と三角形をどう変化させるかを考えつつ、三角形を理詰めで組み合わせながらデザインを進めていきます。
網目模様はGが六角形なのでハニカム構造も良かったのですが、最後のキリンの形が三角形だったので全体的な統一感で三角に。

最後に迷ったのが顔部分。最初は顔の部分に円はなかったため、顔の輪郭線が簡略化されすぎており、あまりに説明不足なデザインでした。
ここまで直線で構成していたこともあって曲線が欲しくなり、ならば輪郭線の役割も含め三角形キリンの頂点を中心に正円を描き足しました。
輪郭として必要な長さの円弧を描く手もありましたが、それでは少し自由が過ぎると思い正円にしました。おかげでアニメーションの際、締めの役割を果たしてくれたので良かったです。

・アニメーション・コンポジット
アニメーション作業については、どう変形するかを考えながらデザインを起こしていたのであまり迷いはありませんでした。
テクニック的な面で言えば、アニメーション作業はAfter Effectsにデザインを起こしたAiデータを読み込み、AE上でシェイプに変換してパスアニメーションをさせています。
幾何学に対してゆらぎのある、手描き風のルックにしたかったので、
・シェイプにパスのウィグルの追加
・タービュレントディスプレイスでエッジを毛羽立たせる
・同じ線を太さを変えたり位置を少しだけずらしたりして重ねる
などを行ないました。他にも諸々処理は加えているのですが長くなったのでそれはまたの機会に。

長々と書き連ねましたが、こうして「G」は出来上がりました。キリンはモチーフとしてとても好きなのに今まで上手く表現出来ていなかったので、こういう形で世に出せてとても嬉しいです。

これからも続きますAlphabet animation 、ぜひ最後までお楽しみ頂けますと嬉しいです。

木村

自己紹介


はじめまして!
8月から入社いたしました、東(ヒガシ)と申します。
LiPOGRAMのメンバーでは久し振りの男性という事で
チームの和を乱さないよう意識しつつ、働いております。

私は今まで、アニメ会社で手描きのアニメーター、ゲーム会社で3Dモーションデザイナー
という職種を経て、こちらへ転職いたしました。
それぞれの会社には、共通する部分、また全く違う部分があり、日々発見の毎日です。
「発注を受けたものをビジュアルに起こす」という点では似た仕事に思えますが
注力する部分、簡略化して見せる部分が微妙に違っていたり
LiPOGRAMでは、キャラクターや画面全体のデザイン、演出、アニメーション、編集、時には企画出しなど
様々なものを一人で作り上げるというのが
今までには無い難しさであり、面白さ・やりがいであると感じています。

また、私の名刺のイラストに関しては、全て私の趣味をアイコン化したものになっています。
「様々なことに興味を持って、まずは自分でやってみよう」という気持ちが、自分の根幹にあります。
最近だと、YouTubeでのMV鑑賞にハマっていて、実写の表現にも興味があります。
また別の機会に、自分の興味がある分野についても書ければと思います。
 

そういった趣味や経歴など、いろいろな事を仕事に活かして
LiPOGRAMでの新たな味になれればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします!

Instagramシリーズ -Alphabet Animation-2

10月に入りました。8月頃から始めたAlphabet Animationも少しずつ増えてきました。

まだ見たことがないという方は是非、弊社Instagramの方をチェックしていただけると嬉しいです!

私の方ではこれまで、「C」、「F」、「I」を作りました。

数秒の作品だからこそ、色んな表現を追求できることは面白いです。

「C」、「F」はPhotoshopやIllustratoreで描いた素材をAfter Effectsで動かし、

「I」はTVpaintというデジタル作画に特化したソフトを使用して描きました。

頭が固くなると、普段と変わらない方法や画面の使い方をしてしまうのでこの機会に表現の幅を広げたり、

あるいは掘り下げることが出来ればと思っています。

まだまだ試行錯誤の余地はありますが、この積み重ねでもっと良いものが出来たらと思いました。

 

白井

 

感性と理性で仕事する

アニメーションやモーショングラフィックの制作は感覚的、直感的な作業だと思われるかもしれません。実際、制作者の感性に依存している面はあり、1人のデザイナーのインスピレーションだけで成立する「アート」のような仕事も中にはあります。しかし多くの仕事ではクライアントの「メッセージ」や「ストーリー」を伝えることがミッションですからそれだけでは不十分です。

 

1つの映像を作り上げる過程は選択の連続とも言えます。プランナーやディレクターだけでなくイラストレーターやモーションデザイナーも多数の選択を積み重ねています。そしてその多くには一般的に視聴者が適切と感じる選択肢が存在します。

 

例えば主人公はなぜ女の子ではなくおじさんなのか、ナレーションはなぜ「ですます調」なのか、背景色はなぜ赤なのか、書体はなぜヘルベチカなのか、このタイポグラフィはなぜイラストの右側に配置されるべきなのか、キャラクターのマバタキはなぜ1回ではなく2回なのか、などなど。

 

制作者によって答えは違うこともあるしそれが個性なのですが、少なくともなぜその選択をしたのかという説明を、リポグラムはメンバーに求めています。クライアントの担当者が納得できて、さらにその周りの人達を説得するためにも、言語による説明が必要なのです。

 

また、リポグラムでは制作過程のいろいろなタイミングで関係者が集まり、画面を見ながらディスカッションを行っています。それぞれの制作者が行った選択の結果を多くの目で確認し、言語化して検討することが、より普遍性と説得力を持った映像を生み出すことにつながります。

なかばやし

Instagramシリーズ -Alphabet Animation-

8月から弊社Instagramにてアルファベットを使ったアニメーションシリーズを公開しています。

今回はA~Zまでの文字にちなんだミニアニメーションを、スタッフがリレー形式で発表していきます。

最低1週間に1つ程度あげていく予定で、最終的には全部つなげたものも公開できればと思っています。

ぜひフォローして続けてチェックしていただけると嬉しいです!

 

個人的には今回BとEを担当しています。私は細い線を使ったデザインが好きなんですが、

After Effectsで線画を動かす際はどうしてもパスで動きをつける必要があり、それをどう効率的にできるかを試行錯誤しました。

スケールにエクスプレッションをかけて線幅を拡大したりするのはかなり効果的でしたが、やっぱり細かい動きの部分では一つ一つ動きをつけていく必要がありました。慣れが必要だと感じたので、これを機に、より複雑なシングルウェイトラインのモーションも作ってみようと思います。

今回の自主制作では毎回After Effectsで使ったことのないエフェクトを使ったりしつつ、新しいやり方やスタイルの研究をしています。

AE既存のエフェクトだけでも山のようにあるので、一つ一つ習得していきたいと思っています。

意外とタイポグラフィを絡めた内容を考えるのに苦労していますが(笑)、更新が遅れないように頑張りたいと思います!

トガシ